「1職種につき1つの求人原稿」はNG!? 採用難の中小企業に効く求人原稿の戦略とは?

母集団形成

多くの求人サイトでは、1募集に対して、1つの求人原稿を作成するのが一般的です。しかし、「キャリコネ転職丸投げプラン」は、1職種に対して複数の原稿を作成します。それが、採用難に苦しむ中小企業も含めて採用決定を生み出している理由のひとつ。ではなぜ、複数の原稿を作成することが有効なのでしょうか。

中途採用の新常識「初期費用を抑えた採用のプロへの丸投げ」
200社の決定実績を誇る「採用丸投げプラン」とは?

求人媒体に出し続けても「結局良い人が取れない」、人材紹介を複数使っていても推薦が全くない、人が採れても費用が高くて他の手段を探したい。そんなことはありませんか?

キャリコネ転職の「採用丸投げプラン」では、

  • 埼玉の中小ディーラーが4職種8名も採用成功
  • 京都の老舗和菓子メーカーがスタッフリーダークラスを3名採用成功
  • 長崎県の10名未満の業者向け塗料製造工場が2名採用成功

と、とにかく非大手企業に強い実績があります。
採用のブランド力が無い非大手企業さまでも、力強い採用実績を出し続けている「採用丸投げプラン」の特徴的な魅力は

  • 500社の人材紹介企業に求人を展開し一気に推薦確保!
  • 求人広告のプロがキーワード対策をして、応募者を集客
  • 手間がかかる候補者の対応業務はすべて採用のプロへ丸投げ!

の3点です。
これだけ充実したサービスにも関わらず、大手の採用代行(PRO)のような着手金何百万という金額ではありません。媒体の格安プランと同等の金額でプロに丸投げが可能です。

資料ダウンロードはこちら

1職種=1原稿だとなかなか採用効果が出ない理由

これまで大手有名求人サイトに一度でも掲載した経験のある人事担当者は、「1職種1原稿」というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

2_no67_1

未経験者からマネージャーまですべて1原稿

例えば、とにかく人数を確保したい。未経験からマネージャークラスまで幅広く募集したいという企業があったとしましょう。一般的な求人サイトに掲載する場合、マネージャーから未経験者も含めて「SEの求人原稿」として1つしか掲載しません。当然ながら、業務内容も未経験者からマネージャークラスまで網羅する必要があります。その結果、ターゲットが広すぎて訴求力に乏しく、ボヤけた求人原稿になってしまうのです。

求職者から見ると「応募可否が判断しづらい」「誤解しやすい」原稿になる

求人原稿のターゲットがボヤけていると、求職者は自分向きの求人なのか判断ができず、応募に至らない可能性が高まります。また、誤解を招くケースもあるでしょう。例えば、年収を「300~650万円」などと幅広く表記せざるを得ません。未経験者が「年収500万円を期待できる」などと勘違いし、トラブルの元になることも考えられます。

丸投げプランが1職種=複数原稿にする理由

一般的な求人サイトとは異なり、「キャリコネ転職 丸投げプラン」(以下「丸投げプラン」)では、1職種の求人原稿作成の際、年次やスキルによって細かくターゲットを分けて、複数の原稿を作成します。

例えば、前述のようなSEを募集したいケースでも、以下のように分割して、原稿を複数作成していきます。

  • SE未経験者で、オフィスワークも未経験の人向け
  • SE未経験者だが、IT・Web業界の経験がある人向け
  • SEとしては働いていないが、プログラマとしての経験年数3年程度の人向け
  • SE経験者で、ワークライフバランス重視な人向け
  • SE経験者で、プロジェクトマネージャにキャリアアップしたい人向け

このように、1つの職種でもさまざまなニーズやレベルに細かく分けることで、それぞれの原稿のターゲットに対し、心に響くメッセージを添えることができます。これを読んだ求職者が「これは自分向けの求人だ」と感じやすくなり、応募に繋がりやすくなるのです。

一回作って終わりじゃない!原稿をチューニングする理由

大手求人サイトの場合、一度求人原稿を掲載したら、微修正にも料金が必要な場合があります。

一方丸投げプランでは、複数の原稿を作成して掲載したのちも、

  • どの原稿が何回見られたか?
  • どの原稿で応募数が何件集まったか?
  • 応募者の傾向は?

といった点から傾向を分析し、求人原稿のチューニングを重ねます。掲載後も手間をかけ、より効果が出るようにフォローを行っているのです。

掲載期間が長いからこそチューニングの意味がある

こうした原稿のチューニングが可能な理由のひとつとして、120日以上の長いサービス提供期間が挙げられます。他の求人サイトは長くても6週間程度の掲載期間のため、修正したとしても効果が現れる前に掲載が終わってしまうこともあるでしょう。サービス提供期間が長いほど、原稿のチューニングによる効果が高まります。

まとめ

丸投げプランでなくとも、複数の原稿を掲載できるメディアはいくつかあります。しかし、企業側の担当者が原稿を制作しなくてはいけないメディアがほとんどです。

採用効果があるなら原稿をターゲットごとに分けたいが、自分でライティングする自信はない……という人事担当者も多いでしょう。丸投げプランの場合、求人原稿の制作もサービスに含まれているため、企業側が制作する必要はありません。制作する人材・時間を確保できない中小企業も安心です。

ターゲットごとに求人原稿を作成することは、採用成功に著しく効果をもたらします。幅広いターゲットに訴求したいと考えている企業は、「キャリコネ転職 丸投げプラン」を検討してみてはいかがでしょうか。

また採用で失敗する前に、丸投げできる採用のプロに相談を

thankyou_docimage_10求人媒体に出し続け、失敗する企業は今日も後を絶ちません。しかし、それは掲載している企業のせいではありません。採れない理由を媒体の営業は説明してくれたでしょうか。

キャリコネ転職の「採用丸投げプラン」では、

  • 求人のヒアリング、制作、スカウト
  • 最適な広告先への出稿、運用
  • 500社の人材紹介会社への求人露出
  • 手間のかかる候補者対応の選考代行
といった採用作業の丸投げにとどまらず、

採れない理由、採れるようになるための改善提案を実施します。

時には、これまでの採用手法そのものや求人自体の見直しも提案し、企業様と言い合いになることもあります。しかし、我々採用のプロの提案を受け入れて頂いた企業さまの入社決定率は8割を超えています。

大手の採用代行(PRO)のような着手金何百万という金額ではありません。媒体の格安プランと同等の金額でプロに丸投げが可能です。累計200社の決定実績があります。201社目になるために、ぜひ一度サービス内容をご覧ください。

資料ダウンロードはこちら



関連記事:応募が来ないのは「仕事内容が魅力的じゃない」せい…?マイナスをプラスに変換する方法

関連記事:求人原稿制作時の取材にも注意!制作担当とのコミュニケーションで気をつけたいこと

関連記事:わが社の中途採用には、なぜターゲットからずれた応募者ばかりが集まるのか?