中途採用における採用手法の選び方とは?

母集団形成
作成日
更新日

現在の中途採用戦略は、自信をもって「ベスト」といえるでしょうか? おそらく、予定通り採用できずに悩んでいる企業のほうが多いでしょう。多数ある採用関連サービスを比較検討するのも面倒で、大手求人サイトや有名人材紹介会社に頼りがち、という会社も多いはず。しかし、採用手法を決めるに当たっては、「ユーザーの特性」を考慮しておく必要があります。

>>「採用サービス徹底比較表」ダウンロードはこちら

採りたい人材によって採用手法は違う

2_no.1-1_1

個々のサービスにももちろん特徴や長所・短所がありますが、ここでは採用手法で大別した際のユーザーの傾向をおおまかにつかんでおきましょう。

求人サイト

まずは、利用企業の多い求人サイト(転職サイト)。「リクナビNEXT」、「doda」、「マイナビ転職」などが代表的です。知名度が高いため、転職経験のない求職者ほど「まずは転職サイトに登録してみよう」と考えるでしょう。人材紹介サービスやスカウトサービスなどと比べると、自分で比較検討して企業を選択・応募しなければならないことから、転職意欲が高い人の利用率が高い傾向にあります。

また、求人サイトでは、「残業なし」「時短OK」「女性が活躍中」「住宅手当あり」といった条件で企業を絞ることができ、「職種名×こだわりたい条件」で検索するユーザーが多いでしょう。こうした条件は、今の職場環境への不満や不安と表裏一体。求人サイトには、現状の不満を解消したいと思っているユーザーが数多く存在します。

【求人サイトのユーザーの特性】

  • 自分自身で比較検討する気がある、転職意欲の高い人が多い
  • 今の職場に不満があり、転職して解消したいと思っている人が多い
  • 転職経験が少ない人が多い

人材紹介サービス

次は、求職者と求人企業の間に立って、マッチングする人材紹介サービス。他のサービスに比べて在職中のユーザーの割合が高い傾向にあり、求人サイトから企業を選んだり、応募したりする時間が取れない人に好まれます。

また、対象者が限られる上級管理職の求人募集などは、求人サイトには基本的に出回りません。そのため、人材紹介サービスはエグゼクティブ層も多く利用しています。仲介者がいる利点を生かして、年収や条件交渉を有利に進めたい人や、自分が他社で通用するのかスキルの棚卸しをしたい人、客観的な会社情報を得たいという人もいます。

【人材紹介サービスのユーザーの特性】

  • 忙しくて転職活動に時間をかけられない在職中の人が多い
  • 仲介サービスを利用することで「自分の市場価値を知りたい」「条件交渉を有利に進めたい」と考える人も
  • 求人サイト等に出回らない上級管理職ポジションの求人を求めて登録する人も

スカウトサービス(ダイレクトリクルーティングサービス)

企業が求職者に直接スカウトメールを送ることができる、スカウトサービスも台頭しています。ビジネス特化型SNSの「LinkedIn(リンクトイン)」などが代表的です。

求職者にとっては基本的に「受け身」のサービスであるため、自ら求人を探して応募をする人と比較すると転職意欲は低め。利用者のなかには、「自分のスキルや経験を評価してくれる企業を知りたい」「良いと思える企業からアプローチがあれば転職してもいい」と考えている「ライト層」もみられます。一方で、人材紹介会社が間に入ることをむしろ手間と感じ、自分で見極めたい、交渉したいと考えて利用している転職意欲の高いユーザーもいます。

【スカウトサービスのユーザーの特性】

  • 転職意欲の低い「ライト層」が混ざっている
  • 自ら年収交渉等を行える転職意欲の高い人も

リファラル採用

リファラル採用は、社員を通して知人や友人の紹介を受け、選考を行う採用手法です。転職意欲は人によりさまざまでしょう。社員自ら自社に合うと思う人材を紹介するため、企業理念や社風、仕事内容へのマッチ度合いが高いといえます。「類は友を呼ぶ」ということわざの通り、優秀な成績の営業社員からの紹介で入社した社員が、同じく高い業績を残す例もあります。

基本的に、リファラル採用で声がかかるのは、第三者から優秀と思われている人材。そのぶん、現状より良い待遇で迎えてくれる会社や、現職よりスキルアップができる会社からオファーがある可能性も。リテンション対策(人材の流出を防止するための施策)も整えておく必要があります。

【リファラル採用のユーザーの特性】

  • 社員と似たタイプの人材、自社にマッチした人材が多い
  • 転職潜在層も多い
  • 再度オファーがかかって転職していく可能性もある

求人に特化した検索エンジン

求人に特化した検索エンジンの代表例は、CMでもよく目にする「Indeed」です。求人メディアと同様に、自ら条件を入れて検索をしている人が多いので、転職意欲は高め。また、ごく一部ではありますが、求人サイトの加工された画像イメージに左右されず、文章だけで応募先を選びたいというユーザーもいます。

【求人に特化した検索エンジンのユーザーの特性】

  • 転職意欲が高い人が多い
  • シンプルな情報で企業を比較検討したい人も

欲しい人材はどの転職サービスを利用している?

例えば、企業が「既存のやり方に疑問をもち、自ら効率化のために動ける人」を欲しがっているとしましょう。その場合、「同じ仕事をコツコツ根気強く頑張れる人」はミスマッチとなるかもしれません。「こうだったらもっと楽なのに」と考えられる人や、面倒なこと・非効率的なことが嫌いな人のほうが合っているでしょう。

では、そういう人はどんな転職方法を選ぶでしょうか? 自分で検索してコツコツとマッチする企業を探すのではなく、人材紹介やスカウトサービスなどを利用する人が多いかもしれません。

このように、ユーザーによって好む転職手法は異なります。自社の「欲しい人材」が好みそうな採用手法を選択していきましょう。まずは、採用要件に当てはまるユーザー像(欲しい人材像)をしっかり思い描くことが大切です。

まとめ

採用手法別のユーザー特性を理解しておけば、ターゲットに合わせてベストな採用戦略を考えやすくなります。なお、単一の採用手法ではなく、複数の手法を組み合わせて、様々なターゲットにアプローチしたい場合もあるでしょう。

その場合、

  • 求人サイトに広告を掲載し、無料で利用できるスカウトサービス機能をとことん活用する
  • 求人掲載に加えて広告配信や人材紹介も行っている「キャリコネ転職」の丸投げプランなどを利用する

といった手もあります。ニーズに合わせて検討してみましょう。

採用サービスを徹底比較

 


関連記事:欲しい人材に確実に求人情報を届ける方法4選

関連記事:【保存版!】中小企業がはじめに利用すべき求人サービス4種 比較一覧表