「丸投げプラン」を使うなんて論外?人事が注力すべき仕事とは

母集団形成
作成日
更新日

2_no.6_1

「キャリコネ転職 丸投げプラン」(https://p.mid-career-recruiting.com/cct-lep-0502)を利用してみたいけれど、経営者から許可がおりないのでは……と悩んでいる人事担当者もいるのではないでしょうか。残念ながら、人事部は「コストセンター」(利益を生み出さず、費用のみ計上される部門)と認識されているケースも多くあります。広告運用や選考フォローなどを外部に任せることに難色を示し、「プラスαのコストがかかる」「担当者がいるんだから内部でやればいい」と考える経営者も少なくないでしょう。そんなときはどうすればいいのしょうか?

「丸投げプラン」のメリットを伝える前に、人事の現状を理解してもらおう

いきなり「キャリコネ転職 丸投げプラン」の説明をするのではなく、まずは人事を取り巻く厳しい現状について知ってもらう必要があるでしょう。

採用難易度が高く、採用手法も多様化

  • 空前の売り手市場と言われる昨今、ハローワークや人材紹介会社からは連絡がなく、大手求人サイトに掲載してもなかなか目にとめてもらえない……という中小企業は珍しくありません。「求人サイトに掲載するだけで応募がくる」という時代ではなく、さまざまな採用手法を試す必要があるのです。その事実を伝えましょう。例えば、「求人サイトに掲載したものの応募数が集まらず成果0だった……」といった過去の失敗事例をもっていくと、難易度の高さも伝わりやすいはず。

人事1名ではそもそも業務がまわらない

  • 「そもそも人事1名でまわせる業務量ではない」という現状もしっかり伝えていきましょう。「ボッチ人事」の場合、採用計画から母集団形成、情報の管理、面接、内定者フォローなどをすべて1人で対応しなければいけません。そして、採用難易度があがるほど、当然ながら人事の手間は増加します。
  • 大企業では専任の採用担当者がこれらの業務を何人かで分担しているケースが多いもの。人事が1人の場合、当然ながら諦めざるを得ない作業が発生します。現在採用にかけている作業量・工数を具体的に伝えながら、外注もやむを得ないことを理解してもらいましょう。

そのうえで、丸投げプランであれば、以下のようなメリットがあることを伝えるといいでしょう。

  • 求人サイトのスタンダードなプラン(4~6週間程度の掲載)と同程度の料金で、4か月以上サービスが受けられる
  • 追加料金なしで「求人サイト掲載」「人材紹介」「広告出稿」「求職者サポート」のすべてを網羅できる

なお、他社の成功事例(https://p.mid-career-recruiting.com/leplan/casestudy)も参考になります。

丸投げプランの利用は「会社のため」と伝えよう

経営者を説得する際、「自分(人事)が楽をしたいのでは?」と思われてしまうと、うまくいきません。あくまで「会社のため」になるということを強調していく必要があります。

まず、丸投げプランを使うことで、多様な採用手法をやみくもに試して貴重な予算を使い切ってしまう…といった事態をさけられます。そして、時間を節約できるため、既存の社員や採用した人材のフォローに注力することもできるのです。例えば、以下のなかで、「本来はやりたいけれどできていない」「時間がなくて雑になってしまっている」と感じる業務はないでしょうか?

  • 各種研修の企画運営
  • 評価制度の運用や見直し
  • 福利厚生の充実
  • 労務管理
  • 社内コミュニケーション活性化のためのイベント企画
  • メンタルヘルス、パワハラ・セクハラ等の相談窓口の設置

これらの業務は、既存社員の満足度・モチベーションを高めることや、採用した人材の早期離職を防ぐことにも結びつきます。どれほど採用に注力しても、今戦力となっている既存社員が辞めてしまっては意味がないでしょう。むしろ会社としてマイナスです。

例えば、「採用業務に割いていた工数をこの業務に充てたい」「それによって、離職率を〇%まで下げたい」などと、具体的に提案してみるといいでしょう。そのためにも、まずは「どの業務にどれくらい自身の工数が割かれているのか」を確認することが大切です。

まとめ

中小企業の人事は、圧倒的にリソース不足。「キャリコネ転職 丸投げプラン」を利用することで、採用を成功させられるだけでなく、採用業務の負担を軽減し、他の業務に注力する時間を確保できるようになります。人材育成や働きやすい環境づくりなども、従業員の満足度向上につながる非常に大切な仕事です。

外部に依頼できる仕事と、社内の人間にしかできない仕事があります。人事担当者が社内の人間にしかできない仕事に注力することで、「働きやすい会社」になっていくでしょう。そして、働きやすい会社になればなるほど、魅力が増えて採用活動にもプラスになり、好循環が生まれるはずです。

 

キャリコネ転職丸投げプラン