そのつもりがなくても「圧迫面接」に!? 対策用チェックリスト

選考辞退
作成日
更新日

『知らずに「圧迫面接」をしちゃってない? 企業イメージを損なう面接に気を付けよう』では、圧迫面接のリスクについて解説しました。この記事では、面接時の行動について、圧迫面接になっていないか具体的にチェックしてみましょう。もし当てはまる部分があれば、改善しておくと安心です。

>>「キャリコネ転職丸投げプラン案内」ダウンロードはこちら

こんな人は要注意!「圧迫面接」に見えているかも!?

2_no71_1意図して行う明らかな圧迫面接ではなくても、例えば以下のような点に当てはまると、相手がプレッシャーを感じる可能性があり、要注意です。

貧乏ゆすり・足や腕を組むなどの癖がある

癖になっていると、無意識のうちに出てしまうこともあるので、注意が必要です。思いがけず横柄な印象を与えてしまう可能性があります。緊張が原因となっていることもあるので、面接の直前に軽く体を伸ばすなど、体をほぐしておくのがおすすめです。

人事担当者は気を配っているが、現場の面接官がどんな面接をしているかは知らない

人事担当者は、他の面接官が圧迫をしている可能性を視野に入れておきましょう。自分が就職活動をしたときに「圧迫面接はよくある」時代だった人や、普段から威圧的な雰囲気のあるマネージャーなどが面接する際は要注意。「ストレス耐性を見るため」と面接官なりの目的をもって臨んでいるケースもありますが、応募者からみたときに会社の印象が悪くなり、せっかく採用したいと思っても辞退されてしまうケースも。面接官に圧迫面接のデメリットを共有して、態度を改めてもらいましょう。

普段、怒っていないのに「怒ってる?」と言われることがある

応募者を睨む行為は、圧迫になります。しかし、そのつもりがなくても、真剣な場面や緊張した場面では、表情が強ばって睨んでいるように受け取られる可能性も。怒っているわけではないのに周囲の人から「怒ってる?」と聞かれた経験がある人は、特に意識して笑顔でいるように努めましょう。メイクやヘアスタイルによってもキツめの印象を与えていることがあるので、意識的に雰囲気を和らげるスタイルを心がけることをおすすめします。

年下の人が思い違いをしていると、つい正してあげたくなる

自分は先輩として「教えてあげている」つもりでも、立場が違えば相手が「叱られた」「詰められた」と思う可能性があります。特に面接では、相手とはほぼ初対面。必要以上に踏み込んで意見するのは避けましょう。

感情が表情に出やすい

応募者は、面接官をよく観察しています。例えば「この人は不採用だな」「発言の意味が分からないな」などと思ったとき、あからさまに態度や表情に出てしまうと、十中八九相手にも伝わるでしょう。場合によっては、厳しい態度にみえます。面接中に、がっかりした態度や相手を軽んじるような態度にならないよう気を付けたいものです。

マッチしていないと思ったら、予定よりかなり短時間で面接を終わらせている

特に忙しい時期は、マッチしていないと感じた応募者の面接は早く終わらせたくなるもの。しかし、フォローもなしに伝えていた予定時間より短い時間で切り上げると、応募者は「ぞんざいな扱いをされた」と思う可能性があります。仮に応募者が一緒に働く仲間にならなくても、会社に対してネガティブな印象を持つことのないよう、誠意のある対応を心がけましょう。

的を射た答えが返ってくるまで、「なぜ?」を繰り返す

質問に対して納得いく答えが返ってこないとき、「なぜ?」と問うのは当然のこと。しっかり確認すること自体は、むしろ「やったほういいこと」です。しかし、言い方と相手によっては、「詰められた」と受け止められてしまうことも。相手に通じていない言葉のまま何度も質問を繰り返したり、口調が詰問調になったりしないように気を付けましょう。

マッチしない……と思っても気を抜いてはダメ

「えっ、そんなのは圧迫面接とは言わないでしょう?」と思うことでも、口コミで辛辣に「圧迫面接!」と書かれ、会社の評判が落ちることは実際にあります。

面接を始めてすぐに「これは不採用だな」と感じ、冒頭の数分で合否が判断できるケースもあると思います。しかし、たとえ不採用でも丁寧な対応をしないと、ネガティブな評判を広げてしまう可能性があるのです。

当然ながら、応募者の中には、繊細な人や頭に血が上りやすい人もいます。そして、見た目からは判断できません。リスク回避だと思って、すべての応募者に対して丁寧に対応しましょう。応募者によってとらえ方が異なり、昨今はネットを通じて簡単にネガティブな評判が広がってしまうということを念頭に置いてください。いずれの応募者に対しても、「足を運んでくれてありがとう」という気持ちをもって面接に臨みたいものです。

まとめ

自分では気を付けているつもりでも、相手には「嫌な態度」と受けとめられていることもあるので、十分な配慮が必要です。面接の内容は同じでも、応募者が受ける印象は、総じて「態度次第」ということも。

例えば「なぜ?」と聞くにしても、相手にうまく伝わっていないのであれば、「より具体的な表現にかえる」「笑顔で丁寧に聞く」、その結果納得できれば、「わかりました」と相槌を打つなどすると、むしろ「親身に聞いてくれた」という印象になるでしょう。応募者からの見え方を意識して面接に臨むよう心がけましょう。

キャリコネ転職丸投げプラン

 


関連記事:知らずに「圧迫面接」をしちゃってない?企業イメージを損なう面接に気を付けよう

関連記事:選考辞退に音信不通…原因は知らぬ間に招いている求職者の不信感かも!

関連記事:良い人材を逃がさない!"選ばれる"ベンチャー・中小企業になるための面接成功の秘訣とは?