1. リファレンスチェックとは?違法性なく実施して採用ミスマッチを防ぐ

    採用において「この人で本当に良いか?」と悩む採用担当者の方は少なくないと思います。特に、書類や面接という限られたリソースの中で求職者を最大限理解するのは難易度が高いと言えます。 こ...

    選考辞退

  2. この人って「ジョブホッパー」?転職歴が多い人を人事はどう判断すべき?

    「なかなか良い人材が応募してこない。応募が来ても、条件を満たしていない人やジョブホッパーばかりで採用に繋がらない」と悩んでいる人事担当者もいるのではないでしょうか。しかし近年は「『...

    選考辞退

  3. この人は譲れない!ライバル企業に採用競争で打ち勝つためにすべきこと

    「優秀な人材は、どうせ大手に取られてしまう」という中小企業の経営者がいますが、そうとも限りません。「もっと裁量権を持って活躍したい」「将来のために経営を学びたい」と、むしろ中小企業...

    選考辞退

  4. 【大手企業に負ける】提示条件が良くても採用できない理由

    市場価値が高い優秀な人材から応募が来た! 提示年収も大手企業並みに設定したし、今回は期待大!……そう思っていたのに、結局大手企業に負けてしまってぬか喜び。そんな経験はないでしょうか...

    選考辞退

  5. そのつもりがなくても「圧迫面接」に!? 対策用チェックリスト

    『知らずに「圧迫面接」をしちゃってない? 企業イメージを損なう面接に気を付けよう』では、圧迫面接のリスクについて解説しました。この記事では、面接時の行動について、圧迫面接になってい...

    選考辞退

  6. 選考辞退に音信不通…原因は知らぬ間に招いている求職者の不信感かも!

    書類上、あるいは一次面接で「これは良い人材が来た!」とテンションが上がったものの、突然連絡が取れなくなったり面接を辞退されたりして、肩を落とした経験がある人事も多いでしょう。こうい...

    選考辞退

  7. 現場の「ポテンシャル採用」が信用できない!人事はどう対処したらいい?

    人材不足で悩む現場から「即戦力の採用は難しそうだし、未経験でもポテンシャルのある人材だったらOK!」との声。しかし、人事選考で好印象の人材を通過させても、現場担当者にことごとく不採...

    選考辞退

  8. 人事を悩ませる「面接のドタキャン」はどうすれば防げるの?

    理想的な候補者からの応募で面接をセッティング。と思いきや、準備を進めていたにも関わらず、ドタキャンされてしまったという経験がある人事担当者は多いでしょう。ここでは、「面接ドタキャン...

    選考辞退

  9. 応募者と連絡途中で返信が途絶える…応募者の気持ちを掴むコミュニケーションの取り方

    選考段階の途中にも関わらず、応募者と連絡が取れなくなってしまう経験をした人事担当者は多いのではないでしょうか。せっかく応募があったのに、フェードアウトしてしまうのは悲しいことです。...

    選考辞退

  10. 書類選考のやり方は?5つの確認ポイントと3つの落とし穴

    面接を実施する応募者を厳選し、面接時間を効果的に使うために、有効的な書類選考。逆に、判断基準が不明確であると、優秀な人材を切り落としてしまうリスクがあります。また、「どこを見るべき...

    選考辞退