【完全版】中途採用の方法10選|一般的な流れ・成功ポイントとは?

母集団形成

社会人経験のない新規学卒者を採用する新卒採用とは違い、職務経験のある人材を採用する中途採用。これまでの経験やスキルを活かし、会社の即戦力として活躍することも中途採用では可能となります。この記事では、中途採用の様々な方法をご紹介していきます。企業や職種によって有効な手段も異なりますので、自社に合う採用方法をチェックしてみましょう。

有名採用サービス8種類の徹底比較!
採用コストを下げる比較資料をダウンロード

有名求人サービスを利用しようと思っても、上司への決済をとるには複数サービスの比較検討が必要ということはありませんか?

「使いたい採用サービスは実は決まっている」のに、今更複数の会社に営業説明を受けて、特徴整理・メリットデメリット整理するのは手間もかかりますし工数も無駄になりますよね。

  • 求人サービス別のメリットデメリットがまとまった表が欲しい
  • 大量採用、ハイクラス採用等の採用ニーズ別のベストサービス
  • 採用サービス別の求職者の傾向

リクナビNEXTやマイナビ転職といった求人媒体をはじめ、Indeedなどの求人検索エンジンやビズリーチ等のスカウトサービスまで、全8種類の採用サービスの比較検討まとめ資料を作成しました。上司に決済をとるための調査、資料化工数を20時間は削減できると思います。必要な部分だけ切り取りやすい1ページ1まとめ形式です。ぜひご利用ください。

資料ダウンロードはこちら

目次

中途採用の方法一覧まとめ

3_no69_1

中途採用には主に以下のような方法があります。どのような企業、職種のニーズに合うかも解説しますので、自社と照らし合わせてみましょう。

求人サイト

採用の方法として多くの企業が利用しているのが、「リクナビNEXT」「doda(デューダ)」「マイナビ転職」などといった求人サイトです。初めて転職活動を行う人や現状を変えるべく転職したいと思っている人がまず登録することが多いです。求職者自ら企業を比較し応募するため、転職意欲の高い人材が多く、またサイトによっては、スカウトメールを利用し求めるスキルを保有している求職者にアプローチすることもできます。しかし多数の企業が掲載しているため優秀な人材は他社からもアプローチを受けていることが多々あります。そして採用の結果に関わらず求人を掲載するために費用がかかるケースがほとんどなので、採用活動の予算も考慮する必要があります。

人材紹介サービス

企業、求職者双方から希望を聞き、マッチングさせるのが人材紹介サービスです。多忙のため転職活動に時間がかけられないといった就業中の求職者も多く利用しています。管理職などの上位ポジションや専門的な能力・技術を求める企業にオススメです。成果報酬型のサービスが多いため、費用が無駄になることは避けられますが、求職者の決定年収から成果報酬額を算出するため、求人サイトに掲載するよりも高額になることもあるので利用前に成果報酬の料率をよく確認しましょう。

スカウトサービス

企業が求職者の中から求める人材を抽出しスカウト配信を行うのがスカウトサービスです。求人サイトで配信できるサービスもあります。経験・スキル等の条件を絞り込んでスカウトできるので、自社に適した人材にアプローチすることができます。

リファラル採用

既存社員やその知人の紹介から、選考を行うことをリファラル採用といいます。いわゆる「コネ入社」とは異なり、会社が求める能力、自社に合うと感じる人材を社員が紹介する形です。そのため業務への理解度や入社後のマッチ度は比較的高いといえるでしょう。また求人掲載などの費用もかからないため、採用費用を抑えたい企業に向いています。

求人特化型の検索エンジン

企業が依頼して掲載する通常の求人サイトとは異なり、ネット上にある求人情報が自動的に一覧表示されるものです。代表的なものではIndeed(インディード)などがあげられます。企業側は無料で求人情報を掲載することができ、サイト経由で自社の公式ページや求人サイトにリンクさせることも可能です。幅広い雇用形態の求職者が閲覧しています。コストをかけず採用活動が行えるため気軽さはありますが、あまり人気のない業界・職種の求人は発見されない可能性もあるため注意が必要です。

オウンドメディアリクルーティング

企業が運営している公式ページやブログを活用して、自社の魅力を発信し採用活動を行うことです。自社の採用サイトを先述の求人特化型検索エンジン(Indeedなど)に掲載することもオウンドメディアリクルーティングに当てはまります。求人サイトや人材紹介を使わず、企業が全ての採用活動を行う能動的な採用方法です。すでに自社に対して好意を持ってくれて応募する人が多いため、内定承諾率が高いことが特徴です。コンテンツを用意する必要があるため、準備期間を含めると採用までに時間がかかる場合が多いためデメリットもありますが、エンゲージメントの高い人材を見つけ出したいという企業に向いている方法です。

ソーシャルリクルーティング

SNSを活用した採用活動で、企業が直接求職者とコンタクトを取ることができます。SNSは無料のものが多いため、自社の採用活動に取り入れやすい採用方法の一つと言えます。求職者側も気軽に企業に接触しやすく、双方向へのコミュニケーションが取りやすいです。また、求職者が日常の様子を発信している場合には、事前に人柄を垣間見ることもできます。

ヘッドハンティング

企業が求める人材を様々なネットワークを使い探し出し、入社まで後援する方法です。ヘッドハンターによるアプローチから始まり、その時点で転職を考えていない潜在層にもアタックします。スキル・経験があり自社の欲しい人材を採用することができますが、探し出すためにかかる費用や採用が成功した際に発生する費用もあり、高額な費用が必要となる手法です。経営に直接関わる重要なポストを採用したい場合などに使うパターンが多いでしょう。

ハローワーク

公共職業安定所であるハローワークは、各都道府県が運用しています。そのため首都圏以外の地方で人材を確保したい企業にハローワークの利用はオススメです。また求人票は無料で掲載ができ、掲載期間もその都度延長することが可能です。しかし決められた内容以外の掲載が出来ないため、自社の魅力や業務内容を細かく伝えることが難しいといったデメリットもあります。

転職イベント

転職希望者と採用活動を行う企業が集まるイベントでは、その場で面談(一次面接)を行うこともできます。実際に求職者と会いコミュニケーションを取ることや、幅広い人材にアプローチできることがメリットです。しかし知名度の高い企業に着席が集中するため、自社に目を引かせる工夫(ポスター、チラシ、採用ツールなど)や、自社ブースへの呼び込みを行う人員が必要となるでしょう。またイベントに参加する費用もかかるため、採用コストの調整も必要です。

中途採用の一般的な方法/流れ

3_no69_2

中途採用における一般的な選考フローを解説します。目安の期間・ポイントを併せて紹介していきます。

応募〜書類選考で絞り込み

一般的な選考フローは、

  • 応募→書類選考→面接(複数回)→内定
  • 応募→書類選考→面接+筆記試験→内定(一日もしくは短期間で完結させるケース)
  • 応募→書類選考→筆記試験(適性検査やwebテスト等)→面接→内定

といった流れになります。

まず書類選考の段階でもったいない不採用を生み出さないためにも応募書類のチェック項目を整理しておきましょう。応募があった際は求職者に対し迅速に対応し、選考のスケジュールなど速やかに連絡することが大切です。そして書類選考の合否連絡は遅くとも1週間以内には行うよう心がけましょう。

面接で採用合否を決める

採用において人柄を重視するという場合は、複数の面接官が立ち会い、人柄を確認し合否を決めると良いでしょう。また適性診断でも性格テストを導入することで、面接では見えなかった性格特性や、虚偽回答の可能性を探ることもできるでしょう。人柄よりも能力を重視する場合は、SPIが代表とされる言語・非言語試験を導入する、エンジニアであればソースコードの提示依頼や、クリエイターであればポートフォリオの提出依頼を実施しましょう。スキルを判断できる内容を準備すると良いでしょう。

内定から入社までフォローアップ

内定を出したからもう大丈夫!ではありません。むしろ内定が出た後のフォローが非常に重要となります。良い人材であれば、その分複数の内定を持っていることも多く、内定後に辞退となる確率も高まります。内定者に入社後の条件や待遇を伝え、質問があればその都度スピーディーに対応するようにしましょう。また内定者の現在の状況もしっかりリサーチし、不安なことはきちんと相談に乗り、自社の魅力を伝えられるような工夫を行いましょう。

中途採用を成功させる方法

中途採用を成功させる方法・ポイントをご紹介していきます。採用を成功に導くためには、求人を出す前の事前準備に重要なポイントが詰まっています。

採用計画を立てる

はじめに採用計画を立てましょう。人材の応募要請がありましたら、その応募部署の人材要件(求める人物像)を確認し、さらにその人材要件に合う採用方法は何か見極め選択しましょう。そして選考フローの計画を立て、内定までの選考スケジュールを立てましょう。

欲しいターゲットを明確にする

採用計画を立てるとともに、欲しいターゲットを明確にしましょう。年齢層や経験・スキル、人柄などの確認を行い、それにマッチする採用方法を選びましょう。例えば若い層の人材が欲しい場合はSNSを使った採用方法、管理職など上位ポジションを募集する場合は、人材紹介サービスを使った採用方法など、欲しいターゲットに合わせて準備しましょう。

採用基準の軸と評価軸を一致させる

応募部署と欲しい人材の採用基準を確認し合い、面接官と共有しておきましょう。また評価軸が一致するよう面接での質問内容も事前に相談・確認しておくことも重要です。社風に合うか、会社の価値観に合うか、自社の業務を進めるうえでのコミュニケーション能力が備わっているかなど、評価のポイントも確認しておきましょう。

関連部署と根回し/フォローをする

採用担当者、人材を募集している部署・上司、面接を担当する社員には、採用計画や人材要件をきちんと伝え共有しておきましょう。また面接でのタブーな質問、必ず確認して欲しいポイントなど事前の擦り合わせも必要です。

まとめ

中途採用では、企業の即戦力として活躍する人材を採用するために様々な採用方法があります。求める人材によってマッチする方法も色々です。事前に採用計画を立て、関連部署への連絡・情報共有を行い、スムーズに実施できるよう準備しましょう。

有名求人サービスを簡単比較した、
今すぐ稟議に使える、人気No.1の資料をダウンロード

thankyou_docimage_2中途採用は、募集開始から入社まで最低3ケ月はかかります。社内の稟議をスムーズに実施し、早く採用活動を開始するためにも、各採用サービスについて最新の情報で比較検討整理の提出が必要です。

今回、中途採用サクセスでは、

  • リクナビNEXTやマイナビ転職といった求人媒体
  • リクルートエージェントやパソナ等の人材紹介
  • ビズリーチなどのスカウトサービス
  • Indeedなどの求人検索エンジン

についての比較資料をまとめました。

「採用サービス手法別比較【完全版】」は、採用サービスの比較検討整理を実施する時間が無い、整理したことはあるけど最新の状態にはアップデートできていない、とにかく資料さえ添付すれば稟議が通るので今すぐ整理資料が欲しい。という方にダウンロードされている中途採用サクセスで人気No.1の資料です。

資料ダウンロードはこちら

 


関連記事:中途採用は時期が重要! 時期別で見る採用戦略の立て方と年間トレンド

関連記事:採用ノウハウを集めるなら|役に立つおすすめサイト7選

関連記事:採用戦略とは?4つのポイントと成功する戦略の立て方を紹介