想定以上に大変&面倒なスカウトメール 「もう無理…」と思ったときの打開策

母集団形成

売り手市場の昨今、求人サイトのスカウト機能やビジネスSNSなどを利用して、積極的にスカウトメールを配信する企業が増えています。しかし、実際にはメッセージ作成や配信先の絞り込み作業が大変で、「面倒」「手が回らない」と悩んでいる人事担当者もいるのでは? そんなときの打開策を考えてみましょう。

中途採用の新常識「初期費用を抑えた採用のプロへの丸投げ」
200社の決定実績を誇る「採用丸投げプラン」とは?

求人媒体に出し続けても「結局良い人が取れない」、人材紹介を複数使っていても推薦が全くない、人が採れても費用が高くて他の手段を探したい。そんなことはありませんか?

キャリコネ転職の「採用丸投げプラン」では、

  • 埼玉の中小ディーラーが4職種8名も採用成功
  • 京都の老舗和菓子メーカーがスタッフリーダークラスを3名採用成功
  • 長崎県の10名未満の業者向け塗料製造工場が2名採用成功

と、とにかく非大手企業に強い実績があります。
採用のブランド力が無い非大手企業さまでも、力強い採用実績を出し続けている「採用丸投げプラン」の特徴的な魅力は

  • 500社の人材紹介企業に求人を展開し一気に推薦確保!
  • 求人広告のプロがキーワード対策をして、応募者を集客
  • 手間がかかる候補者の対応業務はすべて採用のプロへ丸投げ!

の3点です。
これだけ充実したサービスにも関わらず、大手の採用代行(PRO)のような着手金何百万という金額ではありません。媒体の格安プランと同等の金額でプロに丸投げが可能です。

資料ダウンロードはこちら

想定以上に大変なスカウトメール配信

 

2_no30_1

求人広告を出して待っているだけではなかなか応募が来ないため、利用する企業が増えている「スカウト」サービス。うまくマッチしたときには満足度の高い採用ができますが、優秀な人ほど多くのスカウトメールを受信しています。テンプレートに頼りきりではなく、できるだけ求職者一人ひとりに合った特別感のあるメールを送らなければ、効果は期待できません。

スカウト配信に注力したほうがいいことはわかってはいるけれど、日々の業務に追われて余裕がなく、物理的に時間が取れないことや、面倒に感じることも多いでしょう。結局、後回しになり結果を得ることができなかった……という苦い経験をした企業もあるのでは。

残念ながら、そういった場合は、「社内でスカウトメールの配信を頑張る」という採用手法は向いていないのかもしれません。中小企業の人事担当者は一人で多様な業務をこなしていることも多いでしょう。「手間がかかる施策は難しい」ことを前提に、社内でスカウトメールの配信を行う以外の策を講じてみましょう。

スカウト代行サービスってどうなの?

まず、増加している「スカウト代行サービス」を利用して、アウトソーシングするという手があります。求人メディアがオプションとしてスカウト代行を行っているケースもあれば、広告代理店が行っているケースも。実際に代行を依頼できれば楽になり、応募者も増えるでしょう。予算に余裕があれば、検討してみてはいかがでしょうか。

しかし、上司や経営者に相談しても、「自分でやれ」と言われてしまいそう。費用がネックで、利用が現実的ではない……。そんな企業も多いはず。そんなときは、どうすればいいのでしょうか。

目的が達成できればスカウトメールにこだわる必要なし

そもそも、なぜスカウト配信サービスを使いたかったのか、思い出してみましょう。

「求人掲載だけだと応募が来ない」

「もっとターゲットユーザーからの閲覧・応募がほしい」

といった理由でしょう。あくまでスカウトサービスはこの目的を達成するための手法のひとつであり、自社に向いていないのであれば、違うサービスを検討したほうがいいでしょう。

例えば、プラン内に求人広告の掲載やスカウト配信、広告の運用、ヘッドハンティングなどのサービスが丸ごと含まれている「キャリコネ転職 丸投げプラン」。スカウト配信に別途料金がかかるわけではなく、スカウトメールを打つ本数を約束しているわけでもありません。その時々でマッチする人材を推薦するために「ベスト」と考えられる施策を講じています。難航している求人でもマッチする人材を探し出す「推薦力」が強みです。

多くの人事担当者が実感している通り、昨今の売り手市場では採用成功の難易度が非常に高くなっています。「キャリコネ転職 丸投げプラン」では、全国の500社もの人材紹介会社から幅広く人材を募り、プロ目線で目星をつけて電話などで直接アプローチ。また、プラン内で求人広告の閲覧数を増やすための広告運用も行っているため、求人サイト内で「大手企業に負けてしまう」「埋もれてしまって閲覧数が少ない」といったことも起きません。

まとめ

内容が伴ったスカウトメールをコツコツと送ることは、非常に大切で有効なアプローチ。できることならやっていきたいものです。しかし、応募者を増加させたい中小企業ほど人事の人手が足りず、「現実的には無理」というケースが多いのが実際のところ。

スカウトメールはあくまで採用手法のひとつに過ぎません。積極的にアプローチできる現実的な手法を選ぶことが大切です。スカウトメールに手がまわらないようであれば、オプションではなくプラン内で応募者を見つけてくる、「キャリコネ転職 丸投げプラン」のようなサービスを利用してみるのもいいでしょう。

また採用で失敗する前に、丸投げできる採用のプロに相談を

thankyou_docimage_10求人媒体に出し続け、失敗する企業は今日も後を絶ちません。しかし、それは掲載している企業のせいではありません。採れない理由を媒体の営業は説明してくれたでしょうか。

キャリコネ転職の「採用丸投げプラン」では、

  • 求人のヒアリング、制作、スカウト
  • 最適な広告先への出稿、運用
  • 500社の人材紹介会社への求人露出
  • 手間のかかる候補者対応の選考代行
といった採用作業の丸投げにとどまらず、

採れない理由、採れるようになるための改善提案を実施します。

時には、これまでの採用手法そのものや求人自体の見直しも提案し、企業様と言い合いになることもあります。しかし、我々採用のプロの提案を受け入れて頂いた企業さまの入社決定率は8割を超えています。

大手の採用代行(PRO)のような着手金何百万という金額ではありません。媒体の格安プランと同等の金額でプロに丸投げが可能です。累計200社の決定実績があります。201社目になるために、ぜひ一度サービス内容をご覧ください。

資料ダウンロードはこちら



関連記事:明暗を分ける?求人サイトの「スカウトサービス」徹底活用術

関連記事:中小企業にオススメの求人サイト6選|選ぶポイントやコスト面を比較