求人メディアの掲載費用はなぜ高額なのか?その使いみちは?

コストダウン
作成日
更新日

Web上での採用活動が主流になって以降、求人メディアの種類も豊富になりました。利用に伴う料金形態も、求人掲載前に支払いを済ませる前課金型や、候補者が入社をした時点で支払う成果報酬型、前課金と成果報酬の組み合わせ型等があります。今回は、「前課金費用の使いみち」にスポットを当てていきましょう。前課金で支払った費用はいったい何に使われているのでしょうか?

>>「キャリコネ転職丸投げプラン案内」ダウンロードはこちら

2_no44_1

まずは求人掲載費用の内訳をみてみよう

転職サイト等の求人掲載費が「高額だな……」だと思ったことがある人事担当者も多いはず。そして、過去に求人メディアの営業担当から、「定価より100万円引き」などの驚くような値引きを持ち掛けられたことはないでしょうか? これは、素材の仕入れや物流、在庫といったものを抱えない情報メディアだからこそあり得る提案だといえるでしょう。

求人掲載費の内訳は?

求人メディアにもよりますが、求人掲載費の大半は人件費と広告宣伝費で占められています。その他に、よりユーザーが使いやすいサイトにするための改修費や検索エンジンで上位表示させるための対策等のシステム開発費にも使われていることが多いでしょう。

前課金と成果報酬の組み合わせ「キャリコネ転職 丸投げプラン」とは?

キャリコネ転職が展開する「キャリコネ転職 丸投げプラン」を検討している人もいるでしょう。この「丸投げプラン」は、前課金と成果報酬を組み合わせた求人サービスです。

コンセプトのひとつに、「採用に苦労している中小企業の採用成功に貢献したい」ということを掲げています。IndeedやSNS広告を利用して求職者の集客を図り、知名度の低い依頼先企業の採用を成功させることを得意とするメディアです。丸投げプランの前課金は、他の求人サイトの前課金の内訳と違うので、その点をしっかり理解しておきましょう。

他の求人メディアは「求人メディアそのもの」を宣伝している

これを読む経営者の多くは、「ほかの求人メディアも広告宣伝費を使い、リスティング広告などでメディアの知名度を上げるための露出には注力しているだろうし、丸投げプランもそれと変わらない」と考えたのでないでしょうか。

実は、一般的な求人メディアの露出戦略は、あくまで「求人メディア自体」を上位表示させるために広告宣伝費を利用しています。一方、丸投げプランは、依頼先企業の個別の求人原稿に対して広告配信を行うスタイル。つまり、丸投げプランを利用すれば、ターゲットに向けて効率的に「自社の求人」を見てもらうことができるのです。前課金の内訳の50%はこのために使われており、ほかの求人メディアには見られない特徴といえるでしょう。

広告代理店にIndeedの運用をお願いするのとどっちがいい?

ただ、Indeedに掲載したことのある企業からすると、さらにもうひとつの疑問が湧いてくることでしょう。キャリコネ転職は経由せず、Indeedに直接掲載して広告代理店に運用をお願いすれば、フィー30%で利用できるのでは? そっちのほうがお得なのでは? と。

しかし、Indeedの広告代理店が請け負うのは、単に「広告運用のみ」であるということを忘れてはいけません。丸投げプランでは、広告運用にとどまらず、以下の内容もサービスに含まれます。

  • 1つの職種でも「未経験者向け」「経験者向け」に分けるなど、ターゲットを細分化した求人原稿を複数にわたり制作して効果を測定。PDCAサイクルを回す
  • 書類選考から1次面接の日程調整、条件交渉や入社サポートといった求職者サポートも担当

支払った費用が何に使われているかをしっかり認識したうえで、利用する採用サービスを選ぶことをおすすめします。

まとめ

採用に苦労しがちな中小企業の場合、前課金による失敗を回避したいという気持ちが強いでしょう。しかし、前課金で支払った料金が「自社の求人の広告運用」のために使用される丸投げプランは、他の求人サイトとは異なります。「前課金だから」と一括りにせず、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

キャリコネ転職丸投げプラン

 


関連記事:大手求人メディアを使っても効果ゼロの企業が「キャリコネ転職丸投げプラン」で採用成功できる理由

関連記事:【徹底比較】人材紹介会社vsキャリコネ転職 丸投げプラン