求職者サポートを活用!本音を聞き出し、内定辞退を防止する方法

選考辞退

やっとの思いで採用できたと思ったのに、なぜか内定辞退が続出……。窮地に追い込まれている経営者も少なくないでしょう。理由がわかれば防止策を考えられるものの、「一身上の都合」「他社に行くことに…」といった文面からは、原因を解明することもできません。内定辞退の原因を探る方法はないのでしょうか?

中途採用の新常識「初期費用を抑えた採用のプロへの丸投げ」

 

求人媒体に出し続けても「結局良い人が取れない」、人材紹介を複数使っていても推薦が全くない、人が採れても費用が高くて他の手段を探したい。そんなことはありませんか?

キャリコネ転職の「採用丸投げプラン」では、

  • 埼玉の中小ディーラーが4職種8名も採用成功
  • 京都の老舗和菓子メーカーがスタッフリーダークラスを3名採用成功
  • 長崎県の10名未満の業者向け塗料製造工場が2名採用成功

と、とにかく非大手企業に強い実績があります。
採用のブランド力が無い非大手企業さまでも、力強い採用実績を出し続けている「採用丸投げプラン」の特徴的な魅力は

  • 500社の人材紹介企業に一気に求人を展開!
  • 最適な広告先を選定し、キーワード対策をして投下!
  • 手間がかかる候補者の対応業務はすべて採用のプロへ丸投げ!

の3点です。
これだけ充実したサービスにも関わらず、大手の採用代行(PRO)のような着手金何百万という金額ではありません。媒体の格安プランと同等の金額でプロに丸投げが可能です。

 

資料ダウンロードはこちら

 

内定辞退の理由は?

エン・ジャパンの運営サイト「人事のミカタ」が、会員の求職者を対象に実施したアンケート調査によると、内定を辞退した理由は順に、「勤務地・給与などの条件の折り合いがつかなかった」「社風が自分に合わないと判断した」「他社での選考が通過した・内定が決まった」となっています。

採用側は、まっさきに「求職者にどのくらいやる気があるのか」など、評価するつもりで面接を進めてしまいがち。しかし、求職者は「待遇」「勤務地」「福利厚生」「休日・残業」といった生活に直結することや、一緒に働く仲間の様子、職場の雰囲気などを気にしています。

本音を出せない求職者は多い

気になっても、「心象が悪くなるのでは」といった不安から、本音を出せない求職者は少なくありません。面接の早い段階で企業側から十分な説明がなければ、求職者の不安は払しょくされないのです。

そうすると、口コミサイトからの情報や自分なりの予想で企業を比較検討せざるを得ません。面接で本音を出せなかった求職者が、内定辞退の際に本音を出すはずもなく、辞退の理由もわからない……という残念な結果に終わってしまいます。

しっかりと情報を開示したうえでの内定辞退なら諦めもつきますが、誤解や不明点があるまま辞退されてしまっているとしたら、非常にもったいない話です。

求職者の本音を引き出すコツ

2_no.3_1

まずは、面接の早い段階から待遇や条件、職場の雰囲気などを詳しく説明しておくことが大切です。不明点や不安点について、求職者側が気兼ねなく質問できる空気感を作る配慮も必要でしょう。

また、内定を出す前に、経営者や採用担当者だけでなく、年齢や境遇の近い社員とコミュニケーションを取れる場を設けるのも効果的です。口コミサイトなどの情報だけではわからない、実際の社風を感じ取ってもらうことが期待できるでしょう。

ただし、企業側がどれだけ工夫しても、なかなか本音を出さない求職者も一定数います。「求職者サポート」を利用するのもひとつの選択肢です。

求職者サポートを有効活用しよう

「求職者サポート」とは、選考に進んだ求職者の状況や入社意欲の確認、内定者への通知など、採用に関連する一連の業務を代行してくれるサービスのこと。ほとんどの人材紹介会社と、一部の成果報酬型サービスを提供する会社が求職者サポートを行っています。

主なサポート内容は、以下の通りです。

  • 退職理由や会社選びの条件、他社との併願状況の確認
  • 面接に向けたアドバイス
  • 給与や待遇に関する交渉、条件面談の提案
  • 内定条件の通知、入社意欲の確認
  • 内定承認後から入社までのフォロー(退職サポート等)

そして、企業に対しても、求職者が重視しているポイントや面接時の対応方法、求職者が内定承諾を迷っている際のアドバイスなどをしてくれます。求職者の「本音」を知っている仲介者は、企業にとって心強い存在です。

ただし、担当者の力量によってサービスの質は大きく異なるでしょう。勤め先からの引きとめにあい、気持ちが揺れ動いてしまう求職者も多くいます。しっかりメンタル面のサポートをしてくれる担当者を味方につけられると安心です。

まとめ

求職者の本音の把握は、内定辞退を避け、採用を成功させるためには不可欠です。求職者の本音を無理なく聞き出してくれる「求職者サポート」を利用するメリットは、極めて大きいといえます。

ただし、場合によっては求職者サポートの範囲が限られていますので、契約前によく確認しましょう。なお、多くの人材紹介会社や「キャリコネ転職」の丸投げプランでは、今回紹介したようなサポートには全て対応しています。

また採用で失敗する前に、まずは丸投げできる採用のプロに相談を

 

thankyou_docimage_1求人媒体に出し続け、失敗する企業は今日も後を絶ちません。しかし、それは掲載している企業のせいではありません。採れない理由を媒体の営業は説明してくれたでしょうか。

キャリコネ転職の「採用丸投げプラン」では、

  • 求人のヒアリング、制作、スカウト
  • 最適な広告先への出稿、運用
  • 500社の人材紹介会社への求人露出
  • 手間のかかる候補者対応の選考代行
といった採用作業の丸投げにとどまらず、

採れない理由、採れるようになるための改善提案を実施します。

時には、これまでの採用手法そのものや求人自体の見直しも提案し、企業様と言い合いになることもあります。しかし、我々採用のプロの提案を受け入れて頂いた企業さまの入社決定率は8割を超えています。

大手の採用代行(PRO)のような着手金何百万という金額ではありません。媒体の格安プランと同等の金額でプロに丸投げが可能です。ぜひ一度サービス内容をご覧ください。

 

資料ダウンロードはこちら

 

 


関連記事:【徹底比較】人材紹介会社vsキャリコネ転職 丸投げプラン