地頭のいい人って結局何?特徴や見極め方、地頭力の鍛え方

母集団形成

上司や現場から「地頭のいい人を採用してほしい」と言われ、途方に暮れている人事担当者もいるでしょう。入社後のミスマッチを防ぐためにも、「地頭のいい人」についての共通認識を社内で設定しておくことが重要です。それでは、社内で必要とされる「地頭の良さ」とは具体的にどのような能力なのでしょうか。地頭のいい人の特徴から整理していきましょう。

目次

地頭力を見極める!
たった5つの面接質問集(採用のプロ秘伝)

「地頭の良い奴を採用しろ」
今日も全国各地で、社長が発している言葉でしょう。採用人事の皆さんもこの言葉自体に反対はないはずです。しかし、地頭とは一体どういった状態のことを指すのでしょうか。

実は、具体的な「地頭の定義」にこだわらずとも、「地頭の良い方を見抜く質問」は設計可能です。

今回、弊社の採用コンサルタントが数百の採用コンサルティング・採用代行を実施する中で実際に面接で使っている「地頭の良い方を見抜く質問集」を、期間限定でプレゼントします。
※資料公開は予告なく有料化または終了する場合がありますのでご了承ください。

資料ダウンロードはこちら

そもそも「地頭がいい」とは?

2_no87_1

「地頭(じあたま)」とは、教育によって授けられたものではなく、その人が本来持っている頭の良さを意味します。いわゆる学歴や勉強ができるといった類の知識力ではなく、頭の回転の速さや論理的思考力、アイデアの豊富さといったことを指します。

例えば、上司に「これ、やっておいて」と指示されたら、その先を見据えて「一を聞いて十を知る」行動をとることができるのです。

知識力との違い

「数学が得意」といった、いわゆる勉強ができる人≒知識力との違いはなんでしょうか?

前述の通り、知識力とは学んだ知識の蓄積です。自分自身に蓄えられた知識のため、発展性がありません。一方、地頭のいい人は、知識を発展させ、活用することができる人を指します。

地頭がいい人の特徴

それでは地頭がいい人とはどんな人のことを言うのでしょうか?具体的な特徴をご紹介しましょう。

頭の回転が速い

記憶すべき内容が大量にあっても、重要な部分とそうでない部分を即座に分類し、情報を整理・分類することができる力。

例えばこんな人 

  • 何か意見や回答を求められても即座に対応できる
  • 初めて聞いた事でもすぐに理解できる
■理解力が高い

一つひとつの要素を関連づけ構造化させる能力の高さ。一言われたら十を知ることができます。

例えばこんな人 

  • 少し説明しただけなのに大体理解できている
  • 人に対する興味・関心を持っている
■発想力が豊か≒引き出しが豊富

新しいものを生み出す力。ユニークで既存概念にとらわれない発想力を持っています。

例えばこんな人 

  • 映画、音楽といった仕事以外の事柄にも精通しており、話していて楽しい
  • アイデアが次々と出てくる
■思考力が高い

考える力。課題に対して筋道を立てて考える「論理思考力」、物事を多方面から疑いを持ってみる「多面的思考力」、課題に対して根本から見直す「批判的思考力」の3種類があります。

例えばこんな人 

  • 人の話をうのみにせず、自分なりの考えや意見を持っている
  • 「そもそもの原因は何か?」を追究する思考体力がある
  • 効率よく動くことができる
■コミュニケーション能力が高い

相手の反応・状況を見ながら、スピード感や難易度を調整しつつ話ができる力。適切なアウトプットができる能力の高さを言います。

例えばこんな人 

  • 説明が分かりやすい
  • 物腰柔らかで接しやすい
  • 対峙する相手(クライアント、上司、後輩)によって適切な対応がとれる
■洞察力がある

先を見通す力。周囲の状況に目を配るといった観察力が高く、本質的かつ長期的視点で物事を把握することができます。

例えばこんな人 

  • 困っていると声をかけてくれる
  • 大概の人が見逃してしまいそうな事を覚えている
  • 先を見据えて行動できる

このように、地頭のいい人は先入観にとらわれず、自分の頭で筋道を立てて考え、問題解決にあたることができます。さらに、相手の立場で物事を考えることもできるため、コミュニケーションも円滑に進みます。想定外の事態も起こり得るビジネスの場で、「地頭の良さ」は、喉から手が出るほど欲しい能力だといえるでしょう。

この「地頭の良さ」が職場で発揮されるのは、どのような場合なのでしょうか。もう少し具体的に見ていきましょう。

社内で必要とされる「地頭のいい人」の能力とは?

業種や職種によっても必要とされる「地頭の良さ」は異なります。実際に起こり得る業務内容をもとに、具体的にはどのような能力が求められるのか、整理してみましょう。

■情報収集/処理力(知識量、インプットの習慣)
  • 日頃から知識を蓄える習慣がある。必要な情報を集めることができる。自ら動き経験している。
  • 【例】プロジェクトが発足するときに、普通の人は資料集めから始めるが、地頭のいい人は常に情報収集をしているため、ある程度の情報収集は事前に済んでいる。
■知識の連携、本質を見抜く力
  • 情報収集で得た知識を整理し、連携できる。これまでの経験とリンクさせて、課題の本質を考察することができる。
  • 【例】プロジェクトの準備段階で、普通の人なら手探りで進むところを、地頭のいい人は過去の案件との共通点を探し出し、その経験を応用させる。
■仮説を立てる力、検証する力
  • 整理した情報をもとに、仮説を立てることができる。それを素早く検証することができる。
  • 【例】プロジェクトを計画するとき、普通の人は段階を踏んでゴールを目指すが、地頭のいい人は、まずゴールを見据え、必要な行動を逆算する。
■構造化、汎用化する力
  • ある事例や複雑な関係性をわかりやすく構造化できる。汎用性のあるものに形成できる。
  • 【例】属人的かつブラックボックスになっていた業務を洗い出し、効率化ができるよう作業を取捨選択し、マニュアル化することで誰にでもできる業務に変えることができる。
■コミュニケーション力、言語化能力
  • 自分の考えや専門用語等をわかりやすく説明できる。相手の目線に立って話すことができる。
  • 【例】相手がクライアントであれ、社会科見学の小学生であれ、自分の仕事について相手が理解できるようわかりやすい言葉を選んで話すことができる。
■柔軟さ
  • 想定外の出来事に対して臨機応変に対応することができる。
  • 【例】不測の事態が発生し、普通の人なら身動きがとれなくなるようなときでも、地頭のいい人は「今何をすべきか」を冷静に判断し、臨機応変に問題解決をはかる。
■速さ(時間単位)
  • 無意識に取捨選択をしているため、結論を導き出すまでの時間が早い。
  • 【例】普通の人が10分かかるタスクを5分かからず終えることができる。

一口に「地頭がいい人」と言ってもプロジェクトのどの段階で活躍してほしい人材かで想定している内容が違う場合があります。入社後のミスマッチを防ぐためにも、社内で自社が採用したい「地頭のいい人」の能力に関する共通認識を事前に作っておくことが重要です。

実践すべきはこの3つだけ!地頭力の鍛え方

地頭(じあたま)と言えども、努力によってある程度身に付けることは可能だと言えます。具体的な方法をご紹介します。

【1】物事に対して疑問を抱き、自分なりの解を持つ

地頭力を鍛える登竜門とも言える部分です。知識を身に付けることはもちろん、やはり、常に考える癖をつけることは非常に重要です。自ら仮説を立て、あらゆる観点で考えることによって思考力を高めるだけでなく、幅広いアイデアを持つことも可能です。

【2】本を沢山読んで知識を蓄える

当然ながら、ベースとなる知識を蓄えることも必要です。

月に2、3冊は本を読む、分からないことはネットで調べる……など、知識の幅を広げる努力は惜しまず行いましょう。また、知識を得るだけではなく、「なぜ●●なのか?」と疑問を持ち、自分なりの考えや解を持つことも意識すると良いでしょう。

【3】偏見を持たずに様々な人と接する

地頭のいい人の特徴の一つに、コミュニケーション能力の高さが挙げられます。

偏見を持たずに幅広い人の意見を聞くことで、幅広い思想に触れ、自らの視野を広げることに繋がります。また、相手に応じた接し方や話し方といったスキルを磨くことにも繋がるため、ぜひ取り組んでみましょう。

まとめ

一口に「地頭のいい人」といっても、上記に挙げたような能力をすべて兼ね備えている人もいれば、部分的に優れている人もいます。入社後に活躍してほしいフィールドをあらかじめ想定し、そこで必要となる能力を事前に社内ですり合わせておきましょう。優秀な人材を見極めるためには、社内の採用要件の明確化が不可欠です。

ちなみに「地頭の良さ」に関しては、生まれつきの能力だけでなく、後天的に鍛えていくことも可能だといわれています。採用選考の際には、入社後に必要な能力を日頃から身につけようと努力しているかという点も判断基準になるでしょう。

また、入社後に研修や訓練で鍛えることができる「地頭力」もあります。採用選考の際にはその能力を採用要件から外し、間口を広げて応募者を集めることで母集団を形成することに繋がります。「ポテンシャル採用」を行った後、入社後の訓練によって「地頭力」を身に付けさせるのも一つの手かもしれません。

面接質問設計の参考に!
「地頭力を見極める5つの面接質問集」をダウンロード

thankyou_docimage_9

面接時のコミュニケーション力が高いと、地頭が良いと誤認して採用してしまうことがあります。本当に地頭がよいかを見抜くには、単発の質問ではなく連続した質問を投げかけることが重要です。

  • 難易度の高かった仕事
  • 難易度の高い仕事をクリアした要因の分析
  • 更に難易度が高い場合の成功の再現性

これらを具体的に連続して質問することで、候補者の地頭力を確かめて判断するようにしましょう。

今回、弊社の採用コンサルタントが多くの採用人事のみなさまを支援してきたことにより見えてきた、「地頭力を見極める5つの面接質問集」を期間限定で公開致します。

資料は今日から面接で使えるほどわかりやすくまとめました。「質問」だけでなく「質問の意図」「判断できる地頭の種類」も整理しているので、ぜひご覧頂き、明日からの面接改善にお役立てください。

資料ダウンロードはこちら

 


関連記事:手順を間違えている人事も多い? 採用基準を作るなら「自社の情報整理」から始めよう

関連記事:採用ミスマッチを無くす8つの方法|リスク、実例や解決策を紹介

関連記事:中途採用で即戦力が採用できない4の理由|見分けるポイントや探し方