どうすれば中途採用はうまくいくの?求人サイトの種類&上手な選び方

コストダウン
作成日
更新日

人材不足に伴い、求人サイトには見切れないほど多くの求人情報が載せられています。自社の求人が埋もれてしまい、応募数が伸びないケースも多いでしょう。また、継続して求人広告を出し続けないと、理想の人材に出会える確率が低い状況でもあります。

こうした状況を打開するためには、数多くの求人サイトのなかから、自社にマッチしたものを選ぶことも重要です。まずは求人サイトにはどんなものがあるのか、確認してみましょう。

>>「採用サービス徹底比較表」ダウンロードはこちら

求人サイトにはどんな種類があるの?

求人サイトによって特徴が大きく異なるので、募集職種に合わせてうまく活用したいものです。転職市場における求人サイトをタイプ別にみていきましょう。

総合型求人サイト

総合型求人サイトでは、あらゆる業種や職種の求人情報を扱っています。大手企業が運営している「リクナビNEXT」(https://next.rikunabi.com/)、「doda」(https://doda.jp/)、「マイナビ転職」(https://tenshoku.mynavi.jp/)などが代表的でしょう。

例えば以下のような強みがあります。

  • 大手が運営&多数の企業が利用しているという安心感がある
  • ユーザー数が多い
  • 質の高い原稿を作成してくれる
  • レコメンド機能などにより、中小企業にも求職者の目を向ける工夫がされている

一方で、掲載期間や原稿サイズに応じてあらかじめ料金を支払う「掲載課金型」のビジネスモデルのため、採用に至らなくともコストがかかるというリスクを抱えます。

また、高品質なぶん掲載費用が他に比べて高めで、中小企業が継続して掲載するのが難しいケースもあるでしょう。採用コストをかけられる大手企業は高額なプランで継続的にリッチな内容の求人原稿を継続的に掲載することも多いため、それらと比較すると目立ちづらい側面があります。

特化型求人サイト

次に、職種や属性、企業規模などで絞られた求人情報を載せている「特化型求人サイト」についてみていきましょう。

例えば、

のように、ユーザーの属性や業界、職種に特化したものがあります。

特に、IT業界に特化した求人サイトは数多く存在します。総合型と比べるとユーザー数は劣りますが、その業種や職種に興味のあるユーザーが集まっているので、採用に直結する人材に出会いやすいでしょう。

ダイレクトリクルーティング型サイト

「ダイレクトリクルーティング型サイト」についても見ていきましょう。ダイレクトリクルーティングとは、企業側が主体となって、自社に合った人材に直接アプローチをする採用手法のこと。

no.06_1

ダイレクトリクルーティングがしやすいビジネスSNSを通じて採用活動をする企業も増えてきています。こうしたSNSを利用すれば、通常接点を持ちづらい「転職潜在層」へのリーチも可能となるでしょう。では、代表的なものを紹介します。

名刺管理アプリ「Eight」は、名刺交換をした相手とメッセンジャーでやり取りすることでき、タイムラインへの投稿も可能なビジネスSNSです。企業がアカウントを取得し、人材募集の掲載や職歴などから絞り込んだユーザーにダイレクトメッセージを送ることができる「Eight Career Design」サービスも展開しています。

企業ビジョンへの「共感」をコンセプトに、スカウトや「Wantedly Visit」という会社訪問サービスでのイベント募集などを通じて候補者へ直接アプローチすることが可能です。

ユーザーが「面接」ではなく、フランクにオフィスへ訪問できるよう促す仕組みとして、求人募集ページに「話を聞きに行きたい」という応募ボタンも設置。なお、給与や福利厚生などを記入する欄はあえて設けられていません。運営側は条件ありきというよりも、ミッションや価値観への共感で企業を選んでもらいたいと考えています。同じ考えを持つ経営者であれば、採用チャネルのひとつに加えてみるのもいいでしょう。

2019年時点で全世界5億人超えの利用者数を誇る、世界最大級のビジネスSNS。アメリカ発祥ですが日本でも利用者が増加しており、いち早く採用に活用して成功した会社もあります。

フリマアプリで有名なメルカリは、2015年の導入から会社ページで地道にコンテンツを発信し続けているほか、オープンに参加できるイベント「ミートアップ」への案内などを送って気軽に飲みながら交流を深めるなどして、採用やファンの増加・有力な人材のデータベースづくりに役立てています。

まとめ

数多くの求人サイトが存在するため、選ぶのも一苦労です。「とりあえず有名サイトに広告を出そう」と考える人も多いでしょう。しかし、求人サイトを変えることで応募者が増えるケースもあります。今回紹介したような求人サイトの特徴をしっかり把握し、より理想の人材に届きやすいサイトを選んで効率的な採用活動を行っていきましょう。

採用サービスを徹底比較

 


関連記事:欲しい人材に確実に求人情報を届ける方法4選

関連記事:中途採用における採用手法の選び方とは?