面談と面接の違いとは?目的や種類・ポイントを正しく理解しよう

選考辞退
作成日
更新日

面談と面接、似ている言葉ですが皆さんは違いを知っていますか?本記事では、面談と面接の違い、面談・面接を実施する際の注意点や成功のポイントを詳しく解説します。面談・面接の目的や上手な使い分け方法を理解し、自社の採用活動に活かしてみてください。

これでもう苦労しない!
採用要件のすり合わせ方パーフェクトガイドを手に入れよう

 

採用基準が現場と経営ですり合っておらず、面接をセットしても両者から文句だけ言われる採用人事になっていませんか?逃げていく人材紹介会社、無くなっていく採用予算。そんな状況とはもうおさらばしましょう。

今すぐ採用要件を明確にするために、弊社採用コンサルタントが外部研修で提供した約2時間の有料研修の内容を中途採用サクセスの読者にダウンロード資料の形式でご用意いたしました。

  • 有料セミナー2時間分が9枚のスライドに凝縮
  • 人材要件整理表には記入例付きでわかりやすい!
  • 社内のすり合わせで使える実践型テンプレート
研修を受講しなくても、中途採用サクセスをご覧のみなさまには、期間限定で無料プレゼントしていますので、ぜひご利用下さい。

※資料公開は予告なく有料化または終了する場合がありますのでご了承ください。

 

資料ダウンロードはこちら

 

目次

 
 
3_no24_1

面談と面接の違い

面談と面接の決定的な違いは、合否に直接関係するか否かです。

「面接」は面接官が候補者に対して必ず合否判定を行います。一方で「面談」は、双方向のコミュニケーションの場という位置付けであり、合否には直接関係ありません。

いずれも、直接またはオンライン上で企業側担当者と候補者が会話をするという点は共通しています。このように似ているようで異なる面談と面接それぞれの特徴を、詳しく紹介していきます。

「面談」の目的・種類・理由とは?

合否に直接関係しない面談ですが、選考の一部として多くの企業が導入しています。

中途採用における一般的な面談の流れや内容を参考に、面談の目的や選ぶ理由、どのような種類があるのかみていきましょう。

面談は相互理解が目的

面談は相互理解を目的としています。面接官と候補者が対等な立場で、お互いの理解を深めるためにコミュニケーションをはかる場です。

一般的な面談の流れは、アイスブレイクから始まり、候補者・企業側それぞれの紹介、そして質疑応答や相談タイムです。

ポイントは双方向のコミュニケーションであること。面談担当者が質問して候補者が答えるだけでは、面接と同じになってしまいます。あくまでも対等な立場で、面接よりもフランクな雰囲気で会話をするのが面談です。

面談は3種類

中途採用で導入されている代表的な面談の種類は以下のとおりです。人数は、一対一または面談担当者2名に対して候補者1名など少人数が基本です。実施方法は対面形式とオンライン形式があります。

以前は対面形式が主流でしたが、昨今では電話やZoom・Skypeなどのビデオ通話を用いたオンライン形式で実施する企業も増えています。

カジュアル面談

カジュアル面談は、転職活動はしていないが転職意欲のある転職潜在層や自社の選考に応募するか検討中の人と行う面談です。自社の魅力を伝え志望度を高めたいと考える企業が導入しています。自社について紹介する絶好の機会であると同時に、候補者のことを知る場です。

面談中に、ぜひ今後の選考を受けてほしいと判断した場合には、候補者に選考オファーをすることも可能です。

リクルーター面談

リクルーター面談は、選考中の候補者に対して行う面談です。候補者の情報収集と優秀な人材の選考離脱を防ぐ役割があります。お互いに面接で聞けなかった質問をして相互理解を深め、ミスマッチを減らすことに役立ちます。

すでに面接で会っている馴染みのある担当者や、候補者の希望に対応する担当者をセッティングすると候補者の本音を引き出しやすくなるため、より高い効果が期待できるでしょう。

オファー面談(条件面談・処遇面談)

内定のタイミングで実施し、労働条件をすり合わせる目的で行われるのがオファー面談です。お互いにどこまで歩み寄れるのか、譲れない条件はなにかなど認識のズレがないように話し合う場として有効です。

また、候補者の不安や疑問を解消し入社意欲を高める役割も担っています。

面談を選ぶ理由

中途採用に面談を導入する理由は、大きく分けて3つあります。

  • 自社の魅力を伝え応募意欲や入社意思を高めてもらうため
  • 親交を深め候補者の本音を知るため
  • 候補者と企業側の認識をすり合わせるため

面接では合否判定が行われるため、候補者は本音を出しにくいのが実情です。また、面接という限られた時間内では候補者の話にほとんどの時間を割きます。そのため企業の魅力や実態を伝える機会として面談を活用し、相互理解を深めていくのです。

「面接」の目的・種類・理由とは?

ここからは、面接官が候補者の合否判定を行う面接について説明していきます。

面接は選考するのが目的

面接の目的は、ズバリ選考することです。候補者が自社の採用基準を満たしているかを見極め、合否判定を行います。そのため、面接の流れは面接官が質問し候補者が回答していくのが一般的です。一方向のコミュニケーションとも言えるでしょう。

あくまでも面接官が主導で、候補者を採用するかどうか判断する場となっています。

面接は、個人が一般的

中途採用で一般的な面接は、候補者1名と行う個人面接です。決まった時期に一斉に募集する新卒採用では、複数名の候補者を一括で選考する集団面接が一次面接の主流です。

しかし、中途採用は通年もしくは突発的なタイミングで求人募集をするため、候補者をまとめて選考することは難しく、集団面接ではなく個人面接が採用されています。

面接の種類は、個人面接・集団面接のほかに、グループディスカッションやプレゼンテーション面接といった方法もあります。面接官の人数は選考フェーズや企業によって異なりますが、多くの場合2~3名程度でしょう。5名以上のような場合には、社内の複数の部署が採用を検討しているケースや、内定までの面接回数が少ない傾向があります。

実施方法は、これまでオフィスや貸会議室などで直接会うのが一般的でしたが、新型コロナウイルスの影響もあり、面談と同様に電話やビデオ通話などを活用したオンライン形式で実施する企業が急増しています。

面接を選ぶ理由

中途採用に面接を導入する理由は1つです。

  • 合否判定を行い採用する人材を決定するため

面接では、候補者に適性があるか、様々な質問を通じ確認していきます。面接官の質問の意図を汲み取り的確に回答できるかといったコミュニケーション力も、判断基準としている企業も多いでしょう。

しかし、あらかじめ準備してきた回答を聞くだけでは本来の実力は判断できません。その場で考えてもらい本音を引き出すためにも、アイスブレイクから始め緊張をほぐしたり、回答に対して「なぜそのような行動をとったのですか?」など会話を続けたり各社工夫しています。

面談と面接の実施ポイント

実際に面談や面接を行う際の注意点や成功のポイントを説明していきます。

面談のポイント

面談のポイントは、相互理解の場と意識して臨み信頼関係を築くことです。実施するタイミングによって面談の目的は異なりますが、共通しているのはミスマッチを減らすことです。雰囲気や質問内容が面接と同じでは、候補者から不信感を抱かれてしまう可能性もあります。一方的に質問を投げかけるのではなく、できるだけリラックスできる環境をつくり、双方向のコミュニケーションを心がけましょう。

また、在職中の候補者も多いことを念頭に置き、実施時間や方法を調整することが大切です。面談担当者の選任や自社のアピールポイントも、候補者に響く内容かどうか社内でヒアリングするなど、事前にしっかりと検討し決定する必要があります。

面接のポイント

面接のポイントは、限られた時間内に適切な質問を投げかけ、候補者の合否を判断するための材料を集めることです。面接は、新卒採用や中途採用で導入されている最も一般的な選考方法です。

面接官は、自社の採用基準をもとに候補者のスキルや志向性など適性を確認し、合否判定を出します。面接中の会話を通じて、スキルや経験は基準を満たしているか、配属予定先でうまくやっていけるかなどを見極める必要があるのです。

一方で、候補者も選考中の面接官の態度や回答次第で入社意欲が高まったり、選考辞退に繋がったりすることも忘れてはいけません。面接官は会社の顔として候補者に影響を与える存在であると自覚を持ち対応しましょう。

まとめ

面談は、相互理解を目的とし対等な立場で双方向のコミュニケーションをはかることです。面接は、選考することを目的とし面接官が候補者の適性を見極め合否判定を出します。

中途採用では書類と面接で選考し、応募前・選考中・内定後のタイミングで面談をはさむケースが多いと言えます。面談は、企業側としては面接で見えにくい応募者の本音を知る機会となり、候補者としては面接で聞けなかった企業の魅力や知りたかった情報を入手する機会になります。

面談と面接を上手に使い分けて、潜在層の応募機会喪失や選考中の辞退、内定後の早期離職といったミスマッチを減らし採用成功につなげましょう。

【記入例付】いますぐ上司と目線合わせができる!
採用要件すり合わせシート

 

thankyou_docimage_7採用要件が現場と経営ですり合わない理由は大きくは2つ。現場はビジネススキルを重要視し、経営はヒューマンスキルを重要視するからです。

 

ではどうすれば、要件がすり合うのでしょうか?まずは、経営と現場の両サイドの情報を整理、マスト要件等の定義、市場等のすり合わせの順に展開するとスムーズです。

 

ただし、これらを何も使わずに会議で議論しながら進めることはほぼ不可能です。

 

中途採用サクセスでは、採用コンサルタントが有料研修で提要している内容を、採用担当者が自社で使いやすい形に資料化しました。

  • 自社の情報洗い出し項目の一覧化
  • 人材スキル要件の要件定義表(コメント記入例付きで分かりやすい)
  • Must人材、Want人材、Not人材の判定整理シート

「今すぐ上司と使える」という使いやすさを目指して資料化致しました。まずは中途採用サクセスをご覧のみなさまには、無料で提供いたしますので、ぜひご利用ください。
※資料公開は予告なく有料化または終了する場合がありますのでご了承ください。

 

 

資料ダウンロードはこちら

 

 


関連記事:オンライン面接って実際どうなの?導入のメリットとは

関連記事:面接で聞いてはいけないこと|禁止事項やリスク、やりがちな質問例

関連記事:アンコンシャス・バイアスとは?実例や及ぼす影響、対策方法を紹介