企業文化とは感じるもの?中途社員にも即席で理解してもらう方法3つ

中途社員に即戦力として速やかに活躍してもらうためにも、企業文化の理解は欠かせません。また、中途社員に限らず、社内で企業文化の理解を深めること...

コストダウン

  1. 離職防止のため人事ができる3つの対応―キーワードは「やりがい」!

    物質的な豊かさが満たされるにつれ、ものの豊かさより「心の豊かさ」を重視する傾向が高まっています。仕事においても、収入だけでなく「やりがい」を重視する人が増えてきました。社員がやりが...

    コストダウン

  2. 残業代、休日出勤、有給休暇…回答に気をつけたい人事への問い合わせとトラブル回避策

    「残業代の割増、代休や振替休日、退職金…これってどうなっているんですか?」困ったらとりあえず人事へという 雇用者の権利に関する細かな問い合わせに困惑した経験はないでしょうか。面倒に...

    選考辞退

  3. 大手求人メディアを使っても効果ゼロの企業が「キャリコネ転職丸投げプラン」で採用成功できる理由

    「キャリコネ転職丸投げプラン」の強みは、大手求人サイトでも採用できなかった中小企業の4割を、採用成功に導いているところにあります。そもそも求人サイトを経由して採用に至らなかった原因...

    母集団形成

  4. 時短勤務の利用率を上げよう。時短勤務率を採用のアピールポイントとするには?

    育児や介護のために時短勤務制度を取り入れている企業も多いでしょう。しかし、実際の利用率に関しては企業によって開きがあるようです。制度があるだけでは求職者へのアピールにはなりません。...

    母集団形成

  5. 育てたと思ったら退職…人材が定着しない理由を探るには?エグジットインタビュー・エグジットサーベイが効果的!

    未経験採用をする企業は「長く勤めて欲しい」と定着を望んでいます。しかし、企業の想いとは裏腹に、就職した企業を3年以内に退職する若者は増加傾向にあります。雇用の流動性が盛んな現代では...

    コストダウン

  6. 中途社員にも研修は必要?即戦力として活躍してもらうために最初にすべきこと

    即戦力になると見込んで採用した中途社員が、期待したほど活躍してくれていないと感じたことはありませんか?その原因は本人ではなく、実はその人をとりまく環境にあるのかもしれません。その場...

    コストダウン

  7. 副業OKにする?解禁する際に気をつけたいこと

    政府も働き方改革の一環として副業を促進するようになり、これまで就業規則で禁止にしていた副業を解禁しようと考えている企業も多いのではないでしょうか。しかし、いざ解禁となると色々な不安...

    母集団形成

  8. 「副業OKですか?」と聞かれたら…解禁すべき?副業のメリット・デメリット

    「御社は副業可能ですか?」という質問が採用面接でも増えてきたようです。実際、ベンチャーや大手を中心に副業を解禁する企業が増えてきており、「優秀な人材ほど副業をしている傾向にある」と...

    母集団形成

  9. 応募者のリファレンスチェックやSNS チェックってすべき?

    面接をして「この応募者を採用したい」と思ったものの、不安が残ることもあるでしょう。「面接だから、自分の良い面しか見せていないのでは?」「本当に希望する人材なのか」「経歴書の内容は本...

    選考辞退

  10. 「在宅」と「時短」、応募者数を増やすキーワードはこの2つ!

    同じような条件で求人広告を出していても、応募数が伸びないと頭を抱える企業があれば、スムーズに応募者を確保する企業もあります。この違いには、「在宅」と「時短」の2つのキーワードが関係...

    母集団形成

  11. 地頭のいい人って結局何?共通認識を社内で作ろう

    上司や現場から「地頭のいい人を採用してほしい」と言われ、途方に暮れている人事担当者もいるでしょう。入社後のミスマッチを防ぐためにも、「地頭のいい人」についての共通認識を社内で設定し...

    母集団形成

  12. 未経験OKの中途採用をする場合の注意点

    昨今の人材不足で、即戦力の採用はどこも熾烈な獲得競争になっています。それならば……と間口を広げて「未経験OK」の求人募集を検討している人事担当者も多いのではないでしょうか。しかし、...

    母集団形成

  13. それ聞いてどうするの?面接で「応募者に嫌がられる」「意味がない」NG質問集

    人事の採用担当者なら、ある程度面接に関する知識や経験値があるはず。しかし、面接で知らず知らずのうちに、聞いてはいけないことや的外れな質問をしていませんか? また、色々と質問してみる...

    選考辞退

  14. 慣れないオンライン面接で求職者に悪印象?オンライン面接の注意点とは

    新型コロナウィルスの影響で不要不急の外出が制限され、リモートワークに踏み切る企業も出てきました。日常の勤務だけではなく、説明会や面接など採用の場にも支障が出てきています。 「オンラ...

    選考辞退

  15. 中途社員を即戦力にする5つの方法|原因と対策から採用方法の見直しまで

    期待して採用した即戦力となるはずの人材。ところが、いざフタをあけてみると「能力が低い人」だった……と頭を抱える人事もいるでしょう。原因はどこにあるのか、まずそれを知って対策を立てま...

    選考辞退

  16. この人って「ジョブホッパー」?転職歴が多い人を人事はどう判断すべき?

    「なかなか良い人材が応募してこない。応募が来ても、条件を満たしていない人やジョブホッパーばかりで採用に繋がらない」と悩んでいる人事担当者もいるのではないでしょうか。しかし近年は「『...

    選考辞退

  17. この人は譲れない!ライバル企業に採用競争で打ち勝つためにすべきこと

    「優秀な人材は、どうせ大手に取られてしまう」という中小企業の経営者がいますが、そうとも限りません。「もっと裁量権を持って活躍したい」「将来のために経営を学びたい」と、むしろ中小企業...

    選考辞退

  18. その求人サイトで何人採用できる? 採用見込み数の試算方法

    既存の求人サイトでは、採用活動がうまくいかず頭打ち。掲載プランの変更や別サイトの利用を検討している人事担当者も多いのではないでしょうか。また、新たな採用戦略を立てても、上司や同僚か...

    コストダウン

  19. 求人メディアの掲載費用はなぜ高額なのか?その使いみちは?

    Web上での採用活動が主流になって以降、求人メディアの種類も豊富になりました。利用に伴う料金形態も、求人掲載前に支払いを済ませる前課金型や、候補者が入社をした時点で支払う成果報酬型...

    コストダウン

  20. 準備不足だと「チョロい人事」になっちゃう!? 求人メディアの営業と対等な関係を築く方法

    採用を考えている企業が、どの求人メディアを選ぶかは極めて重要です。しかし、求人メディアの営業担当の話を聞くと、どれも良さそうに思えてくるもの。効果が保証されているわけではなく、予算...

    コストダウン